カゼインとは牛乳・乳製品アレルギーや癌の原因タンパク質

casein

カゼインとは、牛乳に含まれるタンパク質の一つです。

カゼインの食品添加物としての使用目的は、

  • 食品にとろみをつける増粘剤
  • 食品の栄養強化剤(タンパク質補助)
  • 加工品の保水効果を高める安定剤・結着剤

など、さまざまな用途で使われる機会がとても多い添加物です。
(筋力アップのためのプロテインとして飲まれたりもします。)

食品に添加される際は、より水に溶けやすいカゼインナトリウム(Na)が一般的に使われています。(カゼインにナトリウムを結合させたもの)

カゼイン=タンパク質というと、一見とても健康そうなイメージですが、実は牛乳アレルギーや乳製品アレルギーはこのカゼインが深く関わっています

SPONSORED LINK

カゼインの影響

牛乳のタンパク質の8割を占めるカゼインは、粘り気も強く固まりやすい性質を持つため、腸から栄養が吸収されにくく腐敗しやすい。

そして粒子が非常に小さいので、腸壁を素通りして血管内に入り血液を汚していくためカゼインは体から異物とみなされアレルギー反応を起こします。

牛乳アレルギー・乳製品アレルギー

この異物を体から出すために、皮膚からの排出の場合は湿疹やアトピー。呼吸器からの排出の場合だと喘息と言われています。

牛乳アレルギーや乳製品アレルギーもこのカゼインによるものでアナフィラキシーショックを引き起す危険性があります。

 

癌の原因にも

排出されず体内に蓄積される場合は、女性だと乳房に蓄積されやすく乳がんの原因に、男性の場合は前立腺がんの原因と言われ、他にも大腸がん、白血病の発症リスクを高めるとも言われています。

 

子供の発育にも影響

言葉の遅れや意欲喪失、精神発達面にも害を及ぼすともされています。

 

牛乳はダメです

人間に限らず、哺乳類の赤ちゃんはお母さんのおっぱいを飲み育ちます。そしてある一定の年齢を過ぎると断乳し飲まなくなります。

母乳とは血液のようなものです。
同じ人間ですら、他人の血液を入れると拒否反応をおこします。
ましてや他の動物のものですので成分も何もかも違い、人間の体内に入れるべきものではありません。牛乳は牛の赤ちゃんを育てるものであり人間が飲めば病気になるのは当然です。。

そしてカゼインこそ牛乳の害の大元であり病気の原因です。

大人は自己判断に委ねますが、
子供に牛乳を飲ませることはもはや虐待に近いということを知ってください。

 

SPONSORED LINK

カゼインナトリウム(Na)は何に使われいる?

アイスクリーム、ゼリー、食肉、魚肉練り製品、缶コーヒーなどに使われ、また商品によって用途も様々です。

原材料名の表示は、カゼインナトリウム(乳由来)やカゼインNa(乳成分由来)などと表記されます。

coffee

結着剤

ハム、ソーセージ、魚肉練り製品などの加工肉の保水性を保ち脂肪の分離を防ぐ効果、形くずれをなくす形状維持効果、弾力をつけ食感をよくするために使われています。

 

乳化剤

アイスクリーム、ミルクゼリーなど、本来混ざらない水と脂肪分を均一に混ざりやすくする目的として使われています。

また缶コーヒーにつかれているカゼインナトリウムは、コーヒーとミルクが分離しないための乳化目的以外にも、増粘剤としてとろみをつけ口当たりをまろやかにして飲みやすくするために使われます。

 

SPONSORED LINK

オススメ記事:放射能除去と防御ができる食事まとめ

One Response to “カゼインとは牛乳・乳製品アレルギーや癌の原因タンパク質”

  1. カボチャミキ より:

    アメリカで大規模実験結果が出ていますね。

    カゼイン1系のをラットに餌で与えたら

    与えないラットよりも数十パーセント発がんしたそうです。

    しかし、日本人は、いまだに、ピザ天使とかに乗せられて

    ノリで、買う人がいるみたいですね。

    最も悪いカゼイン変性は、熟成チーズだそうです。

    卵巣がんの場合も厳禁です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ