「保存料」の記事一覧

パラベンの毒性とは?パラオキシ安息香酸エステル類について

パラベンとは、石油から作られる合成保存料で殺菌作用があり食品や化粧品類の防腐効果を高める食品添加物です。 一言でパラベンといってもその種類は全部で5つあります。 パラオキシ安息香酸イソプロピル(イソプロピルパラベン) パ・・・

酢酸ナトリウム(Na)、氷酢酸とは。お酢との違いについて

su

酢酸とは、お酢に含まれるすっぱさの元となる酸味の主成分。 お酢にだいたい4~5%ほど含まれており、揮発性でツンとくる刺激臭が特徴的です。 食品添加物として、「酢酸」をそのまま使用するか、もしくは「酢酸ナトリウム」(水酸化・・・

ソルビン酸K(カリウム)の毒性と使用基準【保存料】

ソルビン酸、ソルビン酸K(カリウム)には細菌やカビの発生・増殖を抑える働きがあるため腐敗防止として多くの食品に使われる保存料です。 かまぼこ、ちくわ、はんぺん、ハム、ソーセージ、漬け物、佃煮、イカの燻製、ワイン、チーズ、・・・

安息香酸ナトリウムの毒性・危険性

a0002_007960_m

安息香酸ナトリウムは食品の腐敗を防ぐための防腐剤として使われ、細菌やカビといった微生物の繁殖を抑える力がありますが、その反面非常に強い毒性を持っています。最初に結論を言いますと安息香酸ナトリウムはもっとも避けるべき危険な・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ