「甘味料」の記事一覧

グルコサミン、コンドロイチンのサプリメントは関節痛に効果なし

グルコサミンとは、膝などの関節に含まれている成分として有名です。 食品添加物としてもNアセチルグルコサミンといって、カニやエビなどに含まれるキチンという成分を塩酸を使い加水分解を行って得られ、甘味料として加工食品の甘み付・・・

アガベシロップの害とは。健康効果などない?

syrup

アガベシロップとは、リュウゼツランの茎部分から得られるシロップで砂糖の1.5倍ほどの甘みをもつ甘味料です。 メキシコ原産でテキーラの原料としても有名です。 アガベシロップは血糖値が上がりにくい。いわゆる低GIで体への負担・・・

食品や化粧品に使われる「グリセリン」とは。毒性・副作用は?

グリセリンとは人間を含む多くの動植物の体内に存在するアルコールの一種。別名グリセロールと呼び食品・化粧品・医薬品など幅広く製品に使われています。 食品添加物に指定され、食品の水分を保つ「保湿剤」。ガムの粘度、柔らかさをつ・・・

甘草(カンゾウ)とは、効能と副作用

甘草(カンゾウ)とは、マメ科の多年草の植物で様々な薬効をもつことから漢方薬として使われる機会が多い生薬のひとつです。 別名リコリス、アマクサ、アマキなどとも呼ばれ独特の強い甘味があり、その甘みの主成分はグリチルリチンで砂・・・

羅漢果(ラカンカ)の効能。やはり甘い物は摂るべきではない?

rakanka

羅漢果(ラカンカ)は中国原産のウリ科の植物で「神果」と呼ばれるほど、すぐれた効能をもつといわれる果物です。 日本では羅漢果の果実は出回っておらず、甘味料として羅漢果の果実から抽出・生成した顆粒状のものが一般的で他にも羅漢・・・

ステビア(甘味料)の安全性は本当に高い?副作用の危険性

ステビアとは、南米原産のキク科の植物で、ハーブとしても扱われ、パラグアイでは昔からマテ茶(南米で飲まれるお茶)などの甘味付に使用されてきました。また妊娠を防ぐ目的でも使われていたといわれています。 甘みの主成分はステビオ・・・

オリゴ糖の効果とは?便秘改善・ダイエット?どんな食品?

oligosaccharide

オリゴ糖は、様々な健康効果が期待される天然由来の甘味料で食品添加物に分類されます。 善玉菌のエサとして腸内ビフィズス菌を増やし便秘や下痢の改善に効果ありと言われ、またカロリーは砂糖よりも低いためダイエットの強い味方として・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ