難消化性デキストリンとは?ダイエット・効果と副作用

dextrin

難消化性デキストリンとは、とうもろこしを原料に作られる水溶性の食物繊維です。

脂肪の吸収を抑える

糖の吸収を穏やかにする

など

難消化性デキストリンにより、その健康効果をうたった商品がトクホ(特定保健用食品)として次々に発売されヒット商品となっています。

もっと言うと、難消化性デキストリンを添加するとトクホとして売ることができるので企業にとって便利なアイテムで魔法の粉とも呼ばれたりしています。

トクホと付いていると、健康効果を期待してついつい手を伸ばしていまいがちではないでしょうか?

そんな難消化デキストリンの機能面とその効果と注意点(危険性や副作用など)を解説したいと思います。

SPONSORED LINK

まずデキストリンとは、でんぷんの分解物(炭水化物)の総称です。

そして難消化性デキストリンは字のごとく、食べても体内で消化・吸収されにくいデキストリンで食物繊維の一つ。

日本の厚生省にあたる、アメリカのFDA(アメリカ食品医薬品局)という利権まみれの大きな機関も難消化性デキストリンの安全性を認め、一日の許容摂取(ADI)も定めていません。

 

難消化デキストリンの効果効能

難消化性デキストリンの効果、効能を見ると、とても優れた機能があることは間違いありません。しかし難消化性デキストリンの特徴というより、食物繊維全体に見られる効果・効能となります。

 

食後の血糖値の上昇を緩やかにする

砂糖や炭水化物など、糖質の多い食べ物を摂取すると、血糖値が急上昇しそれを抑えるために大量のインスリンが分泌されます。この過程で人間の体はとても大きな負担がかかり様々な病気の原因となります。※詳しくは別ページにて

 難消化デキストリンなどの食物繊維は、この食後の血糖値の上昇を抑える働きがあります。

中性脂肪の上昇を抑制する

血糖値と同じく、食べ物に含まれる脂質の吸収を抑える働きがあり、血液中の中性脂肪やコレステロールの蓄積を抑えたり、下げる効果があります

 

中性脂肪の上昇を抑制する

血糖値と同じく、食べ物に含まれる脂質の吸収を抑える働きがあり、血液中の中性脂肪やコレステロールの蓄積を抑えたり、下げる効果があります。

 

内臓脂肪が減少

食物繊維を摂取することで内臓脂肪が減少した。

 

整腸作用

食物繊維は便通の改善に効果的なのは多くの方が知っていると思います。

難消化デキストリンも同じく腸内環境を整えることにより、善玉菌が増え、便秘の人はお通じがよくなり、下痢の改善に役立ちます。

 

SPONSORED LINK

副作用はないのか?危険性とその害

一番気になるのは、原料どんな商品に使われているかです。機能面だけを見るなら安全と言えます。

 

副作用

食物繊維は消化・吸収されずそのまま排便されるため、難消化性デキストリンを大量に摂取するとお腹がゆるくなります。

適度にとれば便通が解消され、摂りすぎるとお腹下します。機能面で副作用があるとしたらこれくらいだと思います。

 

原料に遺伝子組み換え

難消化性デキストリンの原料はとうもろこしです。

これだけピンと来る方もいると思いますが、多くの工業製品はコストを抑えるため原料はより安く仕入れることが可能な海外産を使うことが多いのです。※この話は当サイトで何度も紹介していますね。

アメリカのとうもろこしの生産高の90%以上が遺伝子組み換えで日本はそのアメリカからの輸入に大きく頼っています。

ということで

某取扱い店に原材料の産地を聞いてみた!

toiawase

 

 

どんな商品に使われているのか。トクホとは?

メッツコーラを始め、ペプシスペシャル、体健やか茶、など飲料系に使われることが多く、粉末の青汁にも添加されています。

 

aojiru

健康だと勘違いしてトクホのコーラをガブ飲みする方がいます。先ほどいった遺伝子組み換えの懸念にプラスして、アセスルファムKなどの人口甘味料の危険性などの問題もあります。

そもそもトクホとは、消費者庁がその商品に対して何らかの効能が期待できると認められた商品のことを指し、すなわち消費者庁が企業から申請された商品を審査して認可したものです。

しかし実際には商品をひとつ一つ丁寧に研究や実験が行われているわけでもなく、原材料の問題やその商品に使われている別の添加物の懸念点などは考慮されていません。

どちらかというと商売的な観点でのみしか考えられてはいない商品が目立つ気がします。

SPONSORED LINK

オススメ記事:放射能除去と防御ができる食事まとめ

One Response to “難消化性デキストリンとは?ダイエット・効果と副作用”

  1. コーチャン より:

    デキストリンを毎朝、食前にスプーン軽く1杯をグラス2/3(160CC)程度のお湯に溶かして飲んでおります。
    このデキストリンの正体と効果、リスクについて知りたくて、検査策しました。
    1ヶ月以上続けており、便通は良好にようです。その他の効果はこれから徐々に分かることだと理解しております。
    まずは、そんなに危険な添加物ではないことが良かったです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ