グァーガムの安全性

グァーガムとは、マメ科の植物グァーの種子から得られる水溶性の食物繊維で多糖類に分類されます。

加工食品に粘り気やとろみをつける増粘剤またはゲル化剤として多く使われ、肉や魚の缶詰、アイスやドレッシングなどによく使われています。

実際に私の家の非常食置き場にある4~5年前に買ったイワシのしょう油煮にもグァーガムが使われていました。賞味期限キレてますね。

SPONSORED LINK

原料のグァーの原産地であるインドやパキスタンでは普通に食べられている食材の一つです。

加工食品の記載は以下

  • グァーガム
  • 増粘剤(グァー)
  • グァルガム
  • グァーフラワー

など

このグァーガムに関していうとこの添加物自体は特に危険性はあまりないので気にする必要のない添加物だと思います。

しかし過去には輸入のグァーから高濃度のダイオキシンが検出され、実際にグァーガムとして使用した商品が流通してしまったことがあるようです。
だからといってなんてことはないのですが、当然現在は検出されることはないと思います。

グァーガムを気にするなら他に使われている添加物や食品の原料などを心配したほうが良いかと思います。

まあ私の家では非常食以外はほとんど口にすることがない添加物の一つです。

SPONSORED LINK

オススメ記事:放射能除去と防御ができる食事まとめ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ