グルタミン酸ナトリウムは危険?うま味調味料,味の素,食品

msg2

グルタミン酸ナトリウムというと「味の素」を思い浮かぶ人は少なくないと思います。

料理にこのグルタミン酸ナトリウムを加えると、味が格段に美味しくなる魔法の粉で、別名うま味調味料とも言われています。

昆布や煮干しなどの天然のうまみの成分であるグルタミン酸を人工的に生成し、ナトリウムと結合させたものです。

このグルタミン酸ナトリウムは、食品添加物として指定されており、
ファミレスなどの外食チェーン店でも使用頻度が高いと言われています。

市販の加工食品では
ポテトチップス、おせんべい、インスタントラーメン、漬け物、加工肉、カレールウ、お茶漬けのもと、ドレッシング、タレ、麺つゆ、だしの素などのあらゆる加工食品に含まれています。

加工食品の裏面を見ると調味料(アミノ酸)と書かれているのをよく目にします。

これがグルタミン酸ナトリウムです。

アミノ酸というと、一昔前にアミノ酸ブームがありましたが、これは健康のために入っているわけではないので注意してください。

このグルタミン酸ナトリウムは、昔から世界中で様々な論争があり

人体への悪影響について、問題提起する人や団体が後を絶たず、
反対に”問題なし”と擁護する側も同じく多くいます。

実際のところどうなのか。

SPONSORED LINK

危険性

元々、グルタミン酸は興奮性神経伝達物質として人体に含まれ重要な働きをもちます。

しかし人体に含まれているから摂取しても安全ということには必ずしもなりません。

これは神経伝達物質の合成過程に理由があり

Lグルタミン酸はビタミンB6を介して体内(脳内)でGABAが生合成されます。

GABAとは「抑制性神経伝達物質」といわれており、睡眠薬や抗てんかん剤などもGABAに直接作用します。

睡眠薬や抗てんかん剤を大量に摂取すると危険であるように、精製したグルタミン酸は脳神経にはきつ過ぎます。(気持ち良過ぎる?)

覚せい剤に近いとも言われており、消費者を味音痴にし陶酔させ依存性を高めるリピーターを多く作ります。

グルタミン酸は昆布やトマトなど自然のものに含まれていますが、グルタミン酸ナトリウムと比べると実際に摂取する量がまるで違いますし、天然のものはグルタミン酸だけでなく他の物質と一緒になっているので同じものと考えるべきではありません。

 

アメリカの脳神経外科医でラッセル・ブレイロック博士はグルタミン酸ナトリウムを興奮毒性として、脳神経系をはじめ様々な疾患の原因の一つであるとして、その危険性を指摘しています。

興奮毒性とは、グルタミン酸ナトリウムのように興奮性のある神経伝達物質の過剰な刺激により、神経細胞を破壊することです。

その影響により
アルツハイマー、パーキンソン病、知能障害、精神病、てんかん、ALS(筋萎縮性側索硬化症)、うつ病、めまい、ロレツがまわらない、注意欠陥、多動性障害、不眠症

などを引き起こすとしています。

またグルタミン酸ナトリウムは血管内に入ります。
摂取頻度や量が多いほど血中濃度が高くなり、フリーラジカルとして血管を傷付け

心臓発作や脳卒中、片頭痛、喉の腫れ、下痢、嘔吐、不整脈などを引き起こす。

さらに肥満、糖尿病、癌の促進、緑内障、精子の減少。

動物実験でも
肝臓、卵巣、至急、副腎、催奇形性、脳下垂体、ホルモン異常なども認められ上げるとキリがありません。

 

特に子供や妊婦の方は摂らないほうがいいでしょう。

SPONSORED LINK

海外の反応、チャイニーズレストランシンドロームとは

海外ではグルタミン酸ナトリウムのことを

MSGと呼び(MonoSodium Glutamate|モノソディアムグルタメイト)

特に中華料理店で使われることが多いため、チャイニーズレストランシンドロームとしてアメリカでは一般市民の間でもその危険性は常識となっており、州によって使用を制限されています。

多量に摂取すると、急性的に頭痛・手足の痺れ・倦怠感・呼吸困難などを引き起すことから、

グルタミン酸ナトリウムが使われていない商品やレストランには「No MSG」と高らかに表記されており、表記のないものは売れにくいという現象が起こっています。

 

体験談

ちなみに私は学生の頃、地元で人気の中華料理屋で配達のバイトしていました。
そこでの賄いは食べたいメニューを自分で作って食べるのがルール。

ほとんどのメニューを食べましたが、基本的な味付けは、

酒、塩、うま味調味料、しょうゆ

それをオタマで適当にすくって味付けします。(実に大胆です。)

当時はうま味調味料が何なのか、まったく考えもしませんでしたが

賄いを食べた後はいつもボーっとするような脱力感というか、気持ち良さに似た何とも言えない気分になっていたのを今でも感覚的にハッキリ覚えています。

後でわかったことですが、入れる量は耳かき程度で充分とのことです。
当時お客さんに出していた料理にも自分の賄いにも、オタマにベットリついたうま味調味料が投入されていたのは間違いありません。※人気の秘密はそこにあったか(笑)

 

最後に

グルタミン酸ナトリウム(味〇素)は簡単でとても美味しいです。

でも自分で手間暇かけてとったダシはもっと美味しいと思います。

子供には愛情たっぷりの手作りご飯を食べてさせて欲しいです。

SPONSORED LINK

オススメ記事:放射能除去と防御ができる食事まとめ

One Response to “グルタミン酸ナトリウムは危険?うま味調味料,味の素,食品”

  1. 石川 敏雄 より:

    グルタミン酸ナトリウムに関する貴社の記事を、敬意をもって拝見しました。
    小生は現在76歳ですが、数年前に210という超高血圧になっていたのを発見し、医師に相談したら降圧薬を勧められました。しかし、小生は降圧薬を飲み始めると一生薬から脱却出来ないということを聞いていたので、薬に頼らず自分自身で治す決意をし、会社社長を辞め、自然食材と運動に努め、今では125前後の血圧になり健康を取り戻しております。
    自然食材としては、米、野菜、魚、脂肪の少ない赤身肉、果物を使い、自炊するようにしたのですが、スーパーで売っている殆どの加工食品に化学調味料が添加されているのに驚きました。表向き、調味料(アミノ酸など)と記載された食品の多いこと、大阪のレストラン、食堂でも、97パーセントくらいは味付けに化学調味料を使っていることが分かり、外食はやめ自炊に切り替えました。
    私の健康回復は、化学調味料との決別から始まったのです。以前、味の素に入っているグルタミン酸ナトリウムのナトリウム成分が塩分のように働くという話を誰かから聞いており、だから高血圧になったのではないかと考えたからです。
    今回、貴社のこのサイトを拝見したところ、化学調味料が塩分のように働くという記載はありませんが、多くの体に悪いファクターを書いておられます。
    私は、化学調味料の他にも、塩は自然塩を、砂糖は沖縄黒糖を使うよう切り替えました。
    貴社の記事に感動し、このコメントをお送り致します。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ