トリプトファンのサプリで副作用。食品での摂取が良い理由

トリプトファンとは、アミノ酸の一つで体内で合成できないため、食品から摂取して補給する必要があるので必須アミノ酸に分類されます。

トリプトファンは食品添加物として栄養ドリンクなどに加えたり、アミノ酸系の調味料として使われる場合もありますが、有名なのはサプリメントで不眠の解消やうつ病の予防などを目的として販売されています。

実際に海外では医師から睡眠導入剤として処方される国もあります。過去にはこのトリプトファンによる事故も起きています。

SPONSORED LINK

トリプトファンの働き

サプリメントの目的

トリプトファンは神経伝達物質の一つで脳内でセロトニンに生合成されます。

一般的にはこのセロトニンなど(ドーパミンやノルアドレナリン、メラトニンなど)の脳内物質の不足により、精神不安・うつ病などの精神疾患や不眠などの原因と定義されています。

そこでトリプトファンのサプリメントを使用し不足を補うことでセロトニンの量を増やし目の前の問題を解決しようとするわけです。

ちなみに抗うつ薬はセロトニンの取り込みを阻害し脳内のセロトニン量が増えます。不足しているので補うということです。

つまりトリプトファンと同じ作用をもたらすということです。

 

副作用

脳内のセロトニンの量は計れません。つまり不足しているかなんてわかりません。なのに何故うつ病の原因はセロトニンの不足と定義するのでしょうか。

抗うつ薬を飲んでいる人がどんどん廃人のようになっていくのはなぜでしょうか。

ちなみに麻薬であるMDMAはセロトニンの再取り込を阻害し細胞内のセロトニンを高めます。またLSDは脳内のセロトニンシステムに働きかけます。脳内でセロトニンの過剰な分泌により使用者は皆頭がおかしくなっていきます。

つまり麻薬も抗うつ薬も睡眠導入剤も、そしてトリプトファンも同じです。これは副作用ではなく作用です。

そしてこのことは製薬会社も精神科学も脳科学者もサプリメントを売る側の一部の人間は知っています。

 

アミノ酸の一つで体内にも存在するから問題ない

トリプトファンなどは元々人間の体にもあるし多くの食品にも含まれアミノ酸だし問題ないのでは?と思いがちです。
しかし食べ物は様々な代謝を経てゆっくり吸収されていくが、精製したものはダイレクトに作用しますので人体にはきつ過ぎます。麻薬も同じ精製された物で脳にダイレクト届きます。砂糖も同じです。そしてほとんどのサプリメントも同じです。

眠れないからといって安易にサプリメントに手を出すことは危険なことです。

(記事編集中)

SPONSORED LINK

オススメ記事:放射能除去と防御ができる食事まとめ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ