ノルマルヘキサンの毒性とは?

ノルマルヘキサンとは、石油系の溶剤でガソリンに多く含まれる物質です。添加物の生成時、油(安価なサラダオイルなど)の生成時に、原料から油分を抽出する目的で使われます。※以下ヘキサン

ヘキサンは人体に有害な物質です。機械などの脱脂洗浄にも使われていますが吸引しないよう注意書きがある劇薬です。

食品には条件付きで使用が認められており、食品に使用する場合は最終的に食品に残留しないことを条件に使用許可されている。これを加工助剤と言い、食品への表示は免除されています。

SPONSORED LINK

毒性

製造時に苛性ソーダをもちい中和されているので食品への残留はないとされています。

ヘキサンが使われることによる弊害

油を例に例えると、これは安価な商品ほど使われている可能性が高い。通常の油の精製方法は低温圧搾で時間と手間がかかり、油の抽出できる量も少ない。一方ヘキサンを使用すれば短時間で大量の油を原料から搾り取れます。

油の劣化

ヘキサンを使い油を抽出すると、油の酸化が早い。また抗酸化物質が抜け落ち、低温圧搾の300分の一抗酸化作用になってしまうといわれています。またヘキサンを中和する際、高温処理を行うためトランス脂肪酸に変化してしまいます。つまり不健康な油になるということです。

さらにいうとヘキサンを使うということは安く大量に生産することを主目的においているので、大豆や菜種などの原料もより安い遺伝子組み換え作物が使われる可能性が高いです。安さと引き換えに健康を損ねる油には気をつけたいものです。

米油について

本来は米ヌカから抽出されますが、玄米からヘキサンを用い抽出されるのが多いのだとか。健康そうなイメージもあり米油だから安心というのは早合点かもしれません。

添加物

主に着色料を作る際に使用されます、脂溶性の色素で例えばアナトー色素マリーゴールド色素など。カロチノイド系の色素を抽出する際はよく使われるようです。

SPONSORED LINK

オススメ記事:放射能除去と防御ができる食事まとめ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ