果糖ぶどう糖液糖(異性化糖)が危険な理由

hfcs

果糖ぶどう糖液糖異性化液糖

誰もがこの名前を聞いたことがあるのではないでしょうか。

正式名称は「高フルクトース・コーンシロップ」といい別名異性化糖と呼ばれます。

コンビニやスーパーへ行ってみてください。

炭酸飲料やスポーツドリンク、ゼリー、アイスクリーム、シリアル、ノンアルコールビールなどなど、商品の裏を見ると本当にたくさんの食品の甘味料として使われています

 

糖分は体にとって害である

これは糖質制限が認知されつつある今では常識となっていますが、しかしこの果糖ぶどう糖液糖(異性化液糖)には糖質以外にもう一つ大きな問題が隠されています。

SPONSORED LINK

原材料は大丈夫か?

toumorokoshi

「高フルクトースコーンシロップ」という名の通り

トウモロコシから作った高果糖の液という意味です。(※フルクトース=果糖)

 

その生成方法は、トウモロコシのでんぷんを科学的に分解してぶどう糖の液にします

そして、そのぶどう糖液糖を酵素またはアルカリと反応させ、ぶどう糖より甘味の強い果糖に変化(異性化)させ作り上げます

 

異性化糖は食品に添加する際、日本農林規格(JAS)で以下のように制定されている。

・ぶどう糖果糖液糖
 ┗果糖含有率(糖のうちの果糖の割合)が 50% 未満のもの。

・果糖ぶどう糖液糖
 ┗果糖含有率が 50% 以上 90% 未満のもの。

・高果糖液糖
 ┗果糖含有率が 90% 以上のもの。

・砂糖混合異性化液糖
 ┗上記の液糖に 10% 以上の砂糖を加えたもの(その液糖がブドウ糖果糖液糖なら砂糖混合ブドウ糖果糖液糖)。

(※日本農林規格 (JAS)引用)

 

遺伝子組み換えの危険

このトウモロコシのほとんどがアメリカから輸入されています。

アメリカのトウモロコシ事情として実に85%以上が”遺伝子組み換え”であることから、日本で使われている果糖ぶどう糖液糖などの異性化糖を使った商品は

高い確率で遺伝子組み換え食品ということになります。

遺伝子組み換え食品は長期間食べ続けた場合どうなるか全くわかっていないのでとても危険です。

もっとも懸念される病気はとして、ガン・腫瘍・アレルギー・不妊症などと言われています。

特に子供には絶対に摂らせたくはありません。

企業を保護するためのルール?

しかし厄介なのは、甘味料について遺伝子組み換え食品の国が定めた表示義務は成分が分解されていれば、表記する必要はないとしています。

 

なので、果糖ぶどう糖液糖などの異性化糖は原材料を分解して作られているので遺伝子組み換えのトウモロコシが使われているが、表示義務はありません

 

本当に企業に都合のいい法律ばかりで閉口します。

間違いなく利権が大きくからんでいるのでしょう。たぶん(笑)

SPONSORED LINK

果糖はもっとも恐ろしい糖である

フルクトース(果糖)の摂取が健康を害するのに一番の近道です。

そのフルクトースが主な原因として発生する症状は、

  • インスリン耐性
  • 肥満(メタボリック・シンドローム)
  • 糖尿病
  • 血圧上昇(高血圧)
  • ビタミンとミネラルの枯渇
  • 心臓血管の病気
  • 肝臓の病気
  • 関節炎
  • 通風

他にもたくさん・・・

このフルクトースは摂り続けると、

人間の代謝機能を壊すことがわかっており、肥満体を増やすだけでなく、体の重要な臓器の周りに脂肪細胞を増殖させるので、、例えば心臓病や脂肪肝(非アルコール性)などを引き起こします。

またインスリン耐性が起こり、血糖値が下がりにくくなります。
それは糖尿病のリスクとなります。

野菜や果物ならOK?

誤解のないように言っておきますが、野菜や果物から果糖を摂取する程度であれば、食物繊維や他の有用な栄養素と一緒にとることもあり大きな問題にはなりません。※もちろん摂り過ぎなければの話です。また糖度をUPさせた甘い果物には注意してください。

果糖について詳細は下記参照ください。

関連記事:果糖(フルクトース)の害について

最後に

アメリカでは使用禁止運動が活発のようですが日本ではまだみたいですね。

それどころか年々消費量は増えているみたいです。

まあ人口甘味料だろうがなんだろうが

体のためを思うなら摂取しないことが一番です。

SPONSORED LINK

関連記事



15 件のコメント

  • 日本人は添加物のモルモットと耳にした覚えがあります。
    恥ずかしいですよね。。。
    先進国をうたうならきちんと取り締まって欲しい。
    企業も 安価なもの作りVS安全なもの作り ときっちり二分化してくれれば消費者にもわかりやすいです。

    「日本人には癌患者が多い」 ことにストップをかけることができる人は出現するのか?

  • 確かに異性化糖には糖尿病の原因になるなどのリスクがありますが、それは砂糖も同じことです。
    水だって飲みすぎれば中毒症状がでますし、醤油を一升ガブ飲みすれば塩分摂取過多で死に至ります。
    大切なのは、リスクを一切とらない生活をすることでなく、リスクをコントロールすることだと思います。

  • 昔、知り合いの看護婦さんから、疲れたらポ○リスエット飲みなさいと言われて、看護婦だから信じたら糖尿病になりました。

    • 悪いことばっかり書いてますが、食品は全て適量ってもんがあります。摂りすぎたら塩だって毒になりますよ。飲料だっていいと言われても適量があります。添加物だって適量ってもんがあります。それをわからず全て否定してることが間違いです。情報に踊らさすぎではないですか?

    • どうせ、それ以外にも糖分過剰摂取してたんじゃねえの?
      ちょっと一日の摂取物と総カロリー出してみろよ

  • コーンシロップとは、トウモロコシの全成分を抽出したものなのか、糖のみを単離したものなのか、どちらなのでしょうか?
    軽く調べた上では純粋な糖液ということなのですが、仮にそうなのであれば、原料の遺伝子組換え部分に関するリスク喚起はさして意味を持たないように思えてしまいます。
    また、組換え食品に関して、まだ安全であるとの証明がとれていない=大変危険であるという点にも理論の飛躍が見られます(ただ医薬、食品の安全性に関して高いハードルを設けるべきという観点には同意であります)。
    つまり、この記事の主張する危険性が、「コーンシロップ自体に遺伝子組換え原料の影響が残存する」「遺伝子組換え食品が危険である」という仮定に仮定が重なったような土台で論じられているので、主張自体の像がぼやけてしまっている印象です。
    どの程度のところまで学ばれての記事なのかは存じ上げないのですが、おそらくはメインのターゲットであろう主婦層など、あまり多くの予備知識を持たない一般人に問題を広く提起したいのであれば、しっかりと細かな根拠を提示した上で述べられたらほうがより影響力を持ち、深く意義のあるサイトになると思います。

  • 遺伝子組み換えの部分ですが,
    分子レベルまで高度な反応・精製プロセスを経た後に食品に添加していることを踏まえると,DNAの混入は起こらず,人体に影響はないように思いますがいかがでしょう.塩酸と水酸化ナトリウムから作られたNaClと海水から分離・精製されたNaClはどちらも同じように.

  • 今朝トレハロースが気になり調べました、
    大元は海外原料遺伝子組み替えが主流ですね!
    企業に知らぬ間に食べさせられている現状❗️
    大変心配な社会環境ですね〜

  • 糖質制限って糖尿病の方が行う治療法では?
    一般的では無いはずです。糖は体のエネルギーになるので普通の方が糖質制限を行うと、日常生活に支障が出ます。
    果糖ぶどう糖液糖は摂り過ぎると糖尿のリスクがあるのはわかります。
    ただ、この情報は不安を煽るだけで科学的根拠も示されていないから、本当の情報か疑問が残ります。

  • 単体まで抽出してから異性化した糖について
    遺伝子組み換えであるなどは無関係です。
    グリセリンなども植物由来、石油由来関係なしに全く同じものです。
    化学式をご存じであれば常識のはず。
    また
    「糖分は体にとって害である
    これは糖質制限が認知されつつある今では常識となっていますが」と書かれていますが、
    人間の体にとって糖分は必須です、
    脳は酸素と糖しか消費できません。
    脳が要らないとでもお考えでしょうか?

    人工甘味料の是非についてはこれから長期間の観察が必要でしょう(塩などは人工甘味料よりも強い毒になりえます)だから「ハッキリと言えない」が正しい現状なのですが、
    管理人さんは上で指摘したように明らかに誤った事をいくつも書かれています。

  • 日本の製品は、ほかの国よりも厳しい安全確認試験を通過したもののみが店頭に並んでいます。

    また、フルクトースとは一般的に果実に含まれる自然な糖と言えます。
    糖分だけでなく、すべての成分は、摂取しすぎると、体の恒常性が崩れることで健康を害する結果となります。たとえば、水を摂取しすぎると水中毒になり死んでしまいます。
    糖分は体にとって、エネルギー源であり、なくては生きていけません。

    遺伝子組み換えに関しては、環境や人体の影響がはっきりわかっていないというのは事実ですが、産生されるフルクトースは、同じ物質であり、遺伝子の影響は受けないと考えられます。

    インターネットの書き込みを鵜呑みにせず、何が信頼できる内容なのか考えましょう。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です