スクラロースの危険性と副作用

スクラロースはアスパルテームに並ぶ最悪と呼ぶに相応しい毒性の強い人工甘味料で、

「農薬の研究・開発中」に偶然に見つかった化学物質です。

アスパルテームの害が世間的に知れ渡り、批判されるようになって、それを取り扱う多くの企業が一刻も早く別の人工甘味料に切り換えなくてはならない事態に追い込まれ、2000年以降からもの凄い勢いで広まりました。

本当に最低な利権のみを追求した食品添加物なんです。

 

SPONSORED LINK

スクラロースの危険性

スクラロースの危険な理由は分子構造に人体に有害な塩素があり、さらに炭素の分子がくっついています。化学的にこれらがくっつくとオルガノクロライドという名の分子になり、その性質はダイオキシン、PCB、DDT(危険な農薬の一つで外国では禁止されている国が多い)にとても近いのです。

さらにそれが加熱して138度を越えると、塩素ガスが発生します。
塩素には強い毒性があり人体にとってとても有害であることが実証されています。

クッキーなどのお菓子は高温で調理されますよね。

SPONSORED LINK

スクラロースの副作用

スクラロースの危険性を裏付ける研究結果はたくさん存在します。
摂取し続けることで懸念される代表的な副作用として以下。

「成長の遅れ」
「赤血球の減少」
「甲状腺の働きの衰え」
「マグネシウムとリンの欠乏」
「肝臓・脳の肥大」
「肝臓細胞異常」
「卵巣収縮」
「脳腫瘍の増加」
「リンパ腫を起こす」
「白血病を起こす」
「白内障を起こす」

など

そして安全性を証明するデータも全くありません。また健康な人間が摂り続けるとどうなるか。。その研究はされたことがほとんどありません。

お菓子、ガム、清涼飲料水などによく含まれているため、特に子供や妊婦の方には注意が必要です。絶対に口にしないようにしてください。

それを使う食品メーカーなどはよくスクラロースの安全性や、太らない、血糖値が上がらない、虫歯にならないなど言われる方もいますが、すべては売るため、利益のためです。
消費者の健康などまったく気にしていないのでしょう。

SPONSORED LINK

オススメ記事:放射能除去と防御ができる食事まとめ

9 Responses to “スクラロースの危険性と副作用”

  1. 鎌井作治 より:

    何故そのような化学物質を拡散させているのは、日本人がターゲットになっている由縁です。そんな意味は歴史が物語っています。

  2. 安達幸子 より:

    危険といわれるスクラロースが使われているジャンキーするめ足
    販売者 〇貝食品工業株式会社80

    これが本当なら許せない!!
    これを店頭に置いてる販売してるド〇キホーテに抗議。

  3. 北村友宏 より:

    有害物質が添加されているからと、食品会社ばかり責めるのは如何なものかと思います。
    責めるなら国であり、販売低迷となった食品会社が出た場合、その経営者のみならず従業員の方、その家族の生活はどうなるのかお考えの上で企業名を出されたほうが良いのではないでしょうか。

  4. kowa より:

    コワツ スクラロース 危険や

  5. 田口篤 より:

    NHKのガッテン「糖質制限ダイエット」を見てて糖質ゼロ表示の食品の怖さを知りました。カロリーが無くて甘い・・・この裏にはとんでもないものがある事がこの記事で分かりました。
    今までカ〇ロ株式会社のノンシュガーコーヒー〇館の飴を食べてましたが甘味料が気になって検索したらとんでもない事が分かりました。問題の「アセスルファムk、スクラロース」が含まれておりショックでした。カ〇ロ飴は有名なので信じてたけど悪いものは悪いと表示すべきと思います。まだ一袋残ってたけど廃棄しました。

  6. 島田亮子 より:

    コーク史上、最高のゼロカロリーへ、
    のコ〇・コーラZEROには、スクラロース、アセスルファムKがふんだんに使用されているようです。

  7. 斎藤 より:

    お値段高めで、良質と思っていたピエ〇ロ ドレッシングに原材料スクラロースと書いてありビックリしました。コレステロールゼロも無意味ですね。

  8. 熊谷行雄 より:

    昨日テレビショッピングで有名な はぴね〇くらぶ で注文した南高梅はちみつ漬けが届いた。段ボールを開けてパックの裏を見るとスクラロース入りだった。一粒だけ食べたがはちみつの甘さでは無くて人工的な甘ったるさが口に残った。
    電話して交渉したが食料品は返品出来ないの一点張りでもうこんなインチキな会社はあきらめて10パックすべて廃棄した。いい勉強になった。

  9. ヨネヤマヨウコ より:

    日本の製品は安全!は、神話です。どこの国であろうと危ないものは沢山あります。自分の頭でしっかり考えて、リサーチをし、自分で見極めなければダメです。添加物に関しても、日本の基準値は甘いことを知らないとならないです。私は二日間の徹底した人間ドックで、自分の摂取した薬、勿論治療薬です。左肩関節あたりに残留しているのが見つかり驚きました。なぜ左肩なのか?も不思議ですが。だから、この量なら安全なんて、長い年月で体に残留したら大変な毒に成りうるのでは?

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ