知らないと危険!食用ラップの選び方。

フタ代わりとして活用したり、小分けにした食材を冷凍したり、電子レンジで活用したり、おにぎりを握ったりと、様々な用途で活躍してくれるのが食品用ラップです。

そんな便利な食品用ラップフィルムですが実は体にも環境にも良くないということをご存知でしょうか?

そこで今回はラップの危険性について、ご紹介したいと思います。

SPONSORED LINK

危険なラップ&安全なラップとは

まず食品用ラップの素材には、一体どんなものがあるのかを知っておきましょう。

食品用ラップの素材は、大きく分けて、塩素系素材ポリエチレン2種類あります。

塩素系素材は、以下の2つがあります。

  1. ポリ塩化ビニリデン
  2. ポリ塩化ビニル

上記は、「クレラップ」「サランラップ」といった大手メーカーのラップに使われています。
ニオイや湿気、空気をシャットアウトしてくれるのが魅力です。
しかし、上記の素材は、燃やすとダイオキシンを発生させると言われています。

また上記のラップには添加物が含まれている事があります。
界面活性剤(ポリオキシノニルフェニルエーテル)という添加物が含まれた上記のラップを浸した水に金魚を入れると金魚は狂ったように暴れた後、死んだということが実験によって明らかとなっています。
現在、界面活性剤(ポリオキシノニルフェニルエーテル)の配合はありませんが違う添加物は配合されています。安全な添加物であるのかは不明です。
界面活性剤(ポリオキシノニルフェニルエーテル)のように神経や脳に影響が出ないとは言い切れないのが現状です。

ポリエチレン製のラップは、「ポリラップ」というラップが有名です。
ポリエチレン製のラップは、水素と炭素しか含まれていない為、ダイオキシンは発生しません。
燃やすと二酸化炭素と水が発生するだけです。
また熱で溶けても体への影響はありませんので安心です。
少々粘着性は悪いですが値段が安いのがメリットです。
空気を通すので呼吸している野菜・果物の活用にオススメです。

電子レンジで食品を温める場合は、なるべく耐熱容器を活用するようにしましょう。
これにより、ラップの危険性を確実に回避することが出来ます。

安全性だけでなく、経済性も重視するのであれば、迷わず食品用ラップフィルム、ポリエチレン製を選択するようにしましょう。

SPONSORED LINK

ダイオキシンとは

ダイオキシン=特定の物質と思ってしまいがちですがダイオキシンは、以下3つの物質の総称です。

  • ポリ塩化ジベンゾパラジオキシン (PCDD)
  • ポリ塩化ジベンゾフラン (PCDF)
  • ダイオキシン様ポリ塩化ビフェニル (DL-PCB)

上記の定義に該当する化学物質の異性体は400種類以上ありますがその中で毒性を持つのは30種類程と言われています。
その種類によってはサリンの2倍、青酸カリの1000倍の毒性を持つダイオキシンもあると言います。
その為、ダイオキシンは、かつてベトナム戦争で使用された枯葉剤にも含まれていました。
それ程、ダイオキシンは毒性が強いのが特徴ですので、強い農薬や殺虫剤、除草剤にもかつて使われていました。

ダイオキシンは人工的な毒物としては最強であると恐れられています。
ちなみにダイオキシンの毒性を上回る毒は、天然ではボツリヌス菌や破傷風菌が生成する毒素です。

ダイオキシン類の中で最も毒性が強いのは、2,3,7,8-テトラクロロジベンゾパラダイオキシン(TCDD)です。
世界保健機関(WHO)の外部組織である国際がん研究機関(IARC)により人体にガンを発生させると評価されています。

ダイオキシンは微量でも長時間、体内に取り込まれていけば以下のような影響が引き起こされる恐れがあります。
これはマウスによる動物実験でも明らかとなっています。

  • 免疫機能の低下
  • 発育異常
  • 胎児の奇形
  • ガン

ですので、多量に体内に入れば、致命的です。

ラップの耐熱温度は、ポリ塩化ビニリデンが140℃、ポリ塩化ビニルが130℃、ポリエチレンが110度です。
それ以上を超えなければダイオキシンの発生はないと言われていますがラップの成分が食品の油脂に触れると上記の温度を超えて、ラップが溶けることがあります。

ダイオキシンは雨に降り注がれると土壌や海に落ちていきますので、野菜や果物などの農作物は土壌にある栄養分と共にダイオキシンを吸収しますし、プランクトンもダイオキシンを吸収したりすることで、それらを食料にする生物の体内にまでダイオキシンは取り込まれることとなります。

つまり、次々とダイオキシンの害は広がって行くのです。

ダイオキシンは、塩素化合物を含んだ物質を300℃~500oC程度の低温で焼却した場合に
発生しますので、ご家庭で焼却せずに必ずプラスチックゴミとして、出す事が大切です。
800oC以上で燃やせば問題はないとされています。
年々、ゴミ焼却炉技術は、向上していますので、適切に処理を行えばダイオキシンが容易に発生してしまうということはありません。

環境ホルモンとは

塩ビ系ラップの場合、成分が食品の油脂に触れて溶け出すと人体に影響が及んでしまうことがあります。

つまりダイオキシン以外の以下のような環境ホルモンまで発生してしまうのです。

  • アジピン酸エステル
  • フタル酸エステル
  • ノニルフェノール
  • エチルヘキシルアジペート

環境ホルモンは、別名、内分泌かく乱物質と呼ばれています。
体内のホルモンに異常を生じさせる物質を総称したのが環境ホルモンです。

体内で正常な働きをしているホルモンが環境ホルモンによって、乱されると体には以下のような疾病が引き起こされる恐れがあります。

  • 乳がん
  • 子宮内膜症
  • 不妊
  • 催奇形性
  • 発達障害
  • アレルギー

上記の環境ホルモン(内分泌かく乱物質)は、1兆分の1という超低濃度でも体内に悪影響を与えると言われています。

「環境ホルモン全国市民団体テーブル」の調査によって、塩素系ラップで、食品を包み、温めたところ、環境ホルモン(内分泌かく乱物質)の一つであるノニルフェノールが検出されたことが判明されています。

ノニルフェノールは家庭用合成洗剤としても使われていますがガンだけではなく、奇形まで発生させると言われていることからヨーロッパなどでは、家庭用合成洗剤には使用が規制されています。
日本でも大手メーカーなどを中心に使用の規制が行われるようになっています。

ですが家庭用洗剤に含まれている合成界面活性剤が環境中(バクテリアなど)で分解されるとノニルフェールなどの環境ホルモン(内分泌かく乱物質)に変化することが分かっています。

またポリ塩化ビニリデンを溶出させた培養液で乳がん細胞を培養した結果、通常の2倍近く増殖したことが実験によって明らかとなっています。

おわりに

私たちが何気なく使っている便利なラップには、実は有害な物質が使われているのです。
正しい使い方を守っていればすぐに健康に害が生じるということはありません。
ですが長期間、使い続ければ、健康、環境を蝕む原因となる可能性はないとは言い切れません。

ですので、出来る限り有害物質を排除して行く事が大切です。
消費者の健康、地球の環境を脅かす危険なラップは買わず、安全なポリエチレン製のラップで、毎日、安心な暮らしを送っていきたいところです。

SPONSORED LINK

オススメ記事:放射能除去と防御ができる食事まとめ

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ