次亜塩素酸ナトリウムで洗浄するカット野菜はそもそもダメ

sodium-hypochlorite

次亜塩素酸ナトリウムをご存知でしょうか?

コンビニやスーパーで売られているカット野菜やサラダの製造工程で使われることがあり。カットされた野菜の変色防止、殺菌・消毒を目的として「次亜塩素酸ナトリウム」の水溶液で洗浄されている場合があります。

元々、次亜塩素酸ナトリウムはお風呂などのカビ落とし用の洗剤として使われており、カビキラーの成分です。

食品添加物として食品に残留しないことを条件に使用が認められており、コンビニやスーパーの他にも、ファミレスのサラダバー、某牛丼店などの野菜にも使われていたりします。
まれに居酒屋の魚介系のメニューで強い塩素臭を感じることがあります。(キスの天ぷらとか塩素臭凄くないですか??)

このニオイが残るということは、残留していることです。

次亜塩素酸ナトリウムは、有機物(バクテリアなど)と反応するとトリハロメタンなどの発がん性物質を生成します。

トリハロメタンは水道水にも含まれる汚染物質で浄水器を設置する大きな理由の一つです。

SPONSORED LINK

次亜塩素酸ナトリウムはカット野菜に使われているのか?

cutyasai

次亜塩素酸ナトリウムは、カット野菜の商品パッケージを見ても使用されているかわかりません。表示義務が免除されているからです。

ということで試しに近所のスーパーでたくさんあるカット野菜の中から2つ購入し中身のニオイを嗅いでみました。※それぞれ別の加工会社です。

 

加工会社A

和風サラダなる大根をメインにしたカット野菜を開けてみました。

さっそくニオイを嗅ぐとすぐにわかるほどの塩素臭がします。

そこで加工会社のホームページを確認すると、衛生管理についての記載がありました。

要約すると

  • 野菜は契約農家から仕入れている
  • 仕入から出荷まで衛生管理には万全を期している
  • 加工過程で繰り返し洗浄を行っている
  • 洗浄の際には次亜塩素酸ナトリウム水溶液(希釈液)を使用している

野菜の風味を損なわず鮮度を保持し美味しい野菜を提供できるよう努力しているのだと…思いっきり塩素臭がしているのに・・・

それがたとえ消費者の健康を損なったとしてもその美味しい野菜とやらを届けたいのでしょうか。

 

加工会社B

こちらはコールスローミックスなるキャベツをメインにしたカット野菜です。
ニオイを嗅いだところ、塩素臭はしませんでした。

ホームページ上これといった記載は特にありませんでした。

 

加工会社によります

カット野菜の加工会社により使っている・いないがあるようです。

カット野菜の裏面を見ると製造会社が記載されています。
そこからホームページを確認し、分からなければ問い合わせしてみると良いでしょう。

 

そもそもカット野菜って

すぐに調理できるし、そのままも食べれるので時短になり便利。

確かにその通りです。

でもカット野菜は何のために買うのでしょうか?

恐らく大半の理由は健康を意識してのことだと思います。

しかし日本は世界で指折りの農薬大国です。

無農薬・低農薬・有機栽培は一種のブランドみたいなもので、売り手側からするとアピールポイントになりますが、これらの野菜たちが無農薬とは考えにくいのです。

農薬まみれの野菜をカットし、ジャブジャブ洗浄を繰り返すのですから、栄養価(水溶性ビタミン)は流れ出て、さらに次亜塩素酸ナトリウムの水溶液まで加わる。

そんな野菜が体にいいとは思えません。

SPONSORED LINK

最後に

まとめるとカット野菜は以下の問題が懸念される。

  • 次亜塩素酸ナトリウム素処理
  • 農薬まみれ
  • 栄養価が低い
  • 値段は割高

健康を意識している人がこれを買いますか?

自分でちょっと質のいい野菜を買ってサラダを作ったほうがよっぽど健康てきですし、コストも抑えられます。

時間がないというなら食べないほうがまだマシです。

こういった商品がまかり通ってしまうと、番影響が出やすいのは子供です。

子供が食べないようにするためには、子供がいない人も含めて皆が買わないことで流通させないことです。

子供にだけは安全な食べ物を食べさせてあげてください。

SPONSORED LINK

オススメ記事:放射能除去と防御ができる食事まとめ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ