ミョウバンの毒性とは?ミョウバン水の作り方と消臭効果

alum

ミョウバンとは、硫酸カリウムアルミニウム(12水和物)のことで食品添加物に指定されています。

食品への用途は、

  • 色落ち防止剤(ナスの漬け物)
  • 煮崩れ防止(芋や栗)
  • アク抜き剤(ごぼう等)
  • 膨張剤(ベーキングパウダー)

などに使われます。

ミョウバンは自然界に多く存在し天然の温泉にも含まれ、大分県の明礬温泉(みょうばんおんせん)が有名です。温泉によくみられる湯の花は湯に含まれるミョウバンが固まったものだそうです。

ミョウバンは他にも殺菌作用、消臭作用、制汗作用があることから美容面でも期待されています。ミョウバンを使った商品も実は多くあり、また自宅でミョウバン水を作る方も増えているようです。

しかしミョウバンには人体に有害なアルミニウムが含まれています。

ベーキングパウダーにもミョウバンは含まれている商品が多かったのですが、アルミの害が取り上げられてからはアルミニウムフリーが主流になりつつあり、ミョウバンを使わないベーキングパウダーが増えてきています。

もちろん量の問題もあるかと思いますが、経口摂取はよくありません。

では、市販のミョウバンにはどれくらいアルミニウムが含まれているのか。

また皮膚からの摂取、経皮毒の問題はどうなのか

SPONSORED LINK

ミョウバンにはどれくらいのアルミが含まれているのか??

市販のミョウバンは「焼きミョウバン」が多いのでそちらでアルミの質量を見てみます。※焼きミョウバンとは硫酸カリウムアルミニウムを加熱して作られます。

分子式は「AlK(SO4)2 」となります。

原子量はそれぞれ

  • Al (アルミニウム)= 27
  • K (カリウム)= 39
  • S (硫黄)= 32
  • O (酸素)= 16

これを分子式に当てはめ、焼きミョウバン全体の質量を出します。

27+39+(32+16×4)×2=258

258が全体の質量となります。

さらに全体の質量からアルミニウムの割合を出します。

27÷258=0.104

ということでアルミニウムの含有率は約10%となります。
※不純物を考慮しても大体この値は変わらないです。

つまり100gに含まれる量は、約10gとなります。

ナスの漬け物にはどれくらい?

一般的なナスの漬け物に使う材料です。※レシピサイトより抜粋

  • 茄子小ぶりなもの500g
  • 水 600cc
  • 塩 大さじ3
  • 焼きミョウバン 大さじ1(5g)

引用:オールアバウトより

 

  • 茄子 約400g
  • 水450cc
  • 塩50g
  • 砂糖75g
  • 焼みょうばん3g

引用:クックパッドより

アルミニウムは体重60kgあたり一日17mgであれば健康への被害はないとされていますが、
実際には、
5gの10%なので0.5g=500mg
3gの10%なので0.3g=300mg

短期間で汁まで飲んだらもちろん1発アウトですが、アルミニウムの摂取機会はこれだけではありませんのでご注意ください。

詳しくは、別ページを参照。
アルミニウムを避ける!鍋にフライパンにお弁当箱、胃薬も

SPONSORED LINK

ニオイの元にミョウバン水が効く?

文献によるとミョウバンは古代ローマ時代から、体の消臭目的で使われていたのだとか。

ん・・・?
前にラベンダーを調べた時に同じようなことが書かれていたような・・・

消臭・制菌効果

ミョウバンは水に溶かすと酸性の水溶液になります、一方ニオイの元になるアンモニアはアルカリ性なのでミョウバン水で中和することができ消臭ます。

またミョウバン水は皮膚に塗布することで雑菌の繁殖を抑え、ニキビなど炎症した肌に効果があるとのことです。

制汗作用

ミョウバンには制汗作用があります。つまり汗を抑える働きがあります。

ミョウバンの粉を直接脇に塗布するかミョウバンスプレーを吹き付けるだけで汗を抑えられるのだとか。

市販の制汗スプレーもまったく同じでミョウバンの作用により汗を抑えています。

しかし汗を抑えるメカニズムはいまだに分かっていないそうです。

アルミニウム塩が汗腺を炎症させて塞ぐのでは?など言われています。

そもそもかくはずの汗を抑えるべきものなのか
人間の持つ代謝機能に全力で逆らうことが体に良いはずがありません。

ミョウバン水の作り方

空のペットボトルに150ccの水と5グラムの焼きミョウバンを加えてかき混ぜます。ミョウバンは溶けにくくそのまま一晩放置し無色透明になったら完成です。

作る量はお好みで調整してください。
冷蔵庫で1か月ほど保存が可能です。

これを原液として、10倍ほどに薄めて、スプレーボトルに入れれば使いやすいミョウバンスプレーの完成です。

※初めて使用する方は必ずパッチテストを行ってください。稀に皮膚が炎症する可能性がありますのでその場合は濃度を薄めるか、使用を中止してください。

またこの原液を50ccほどお風呂に入れればミョウバン風呂として全身の殺菌消臭制汗作用がありますが、まったくオススメはできません。※浴槽内に金属がある場合、痛める可能性もあります。

ニオイの根本的原因の解決にはならない

体臭がきつい方は、そもそも体が健康体ではないのでしょう。

そういった方はいくらミョウバンを使っても、その場限りで根本的に治ることはありません。

体臭ニオイがどうしても気になる方は食事の改善をするしかありません。(加齢臭も同様)

ちなみに、経皮毒の問題についてはアルミニウムは皮膚から吸収されないのだとか。

SPONSORED LINK

オススメ記事:放射能除去と防御ができる食事まとめ

One Response to “ミョウバンの毒性とは?ミョウバン水の作り方と消臭効果”

  1. エスコビード ケリー より:

    ううん「体臭が臭い方は、そもそも体が健康体ではない」と ありますが それは私たちわきがのひとに とっては 違うとおもうですよ。
    無臭なのはニッポン人くらいで うらやましいです。
    わたしたちは 体が悪くて脇がなんじゃないと おもうます。遺伝?体質?
    けど いいとウワサだったミョウバンについて アルミとの関係を教えてくださり 心から 有難うございます

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ