鶏油(チーユ)の作り方と保存方法・レシピ

鶏油(チーユ)という調味料を知っていますか?
呼んで字のごとく、鶏(にわとり)から抽出した油のことです。

家系ラーメンの総本山「吉村家」で使用されているということで一気にメジャーな調味油となりました。

鶏油は動物性のコクとうま味が濃く、割とどんな料理に使える万能な油です。

これがあれば化学調味料を使おうと思わなくなると思うので(たぶん)オススメしたいです。

それでは実際に鶏油の作り方について解説します。簡単です。

SPONSORED LINK

鶏油の作り方

鶏皮を入手

鶏皮から油を抽出します。
うちは飼料や飼育環境にこだわった鶏さんを買っていまして、そこの鶏皮を仕入れています。
うちは家族4人で250g程度の皮を用意します。

皮なんで安いです。

鶏皮を適当に切る

はい。適当に切ってください。

火にかける

油は不要です。
鉄のフライパンを熱し、切った鶏皮を入れる。色が変わるまで中火~強火で炒める。
色が変わったら弱火にし15分~20分程度火にかける。

するとこんな感じになります↓

鶏皮を返してもう10分ほど火にかける。

香りづけ

なくてもよいが、刻みニンニク・刻みショウガ・ネギの青い部分をお好みで入れ香りが出るまで弱火で火にかける。

完成

目の細かい網などを使用して不純物を取り除いて完成です。

残った皮は美味しくいただきます。

保存方法

ビンなどに入れ冷蔵庫に保存します。だいたい1か月くらい持ちます。
※冷やすと白い固形状になります。

使い方・レシピ

とくにレシピについては書きませんが、我が家では、チャーハンや焼きそば、中華系の炒め油、餃子の隠し味、スープやラーメンなどに入れたりしています。

SPONSORED LINK

オススメ記事:放射能除去と防御ができる食事まとめ

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ