アラビアガム(別名:アカシア)の毒性について

アラビアガムとは、マメ科アカシア属のアラビアゴムの木から得たアラビノガラクタンという多糖類を主成分とする水溶性の食物繊維で、日本では食品添加物指定されています。 原産国はスーダン共和国で世界の輸出量の約半分を占めています・・・

リンゴ酸について

リンゴ酸とは、リンゴやぶどう、梨、バナナなどの果物に含まれる有機酸の一つです。リンゴから発見されたことからリンゴ酸と名付けられました。 リンゴ酸はクエン酸と同じく体に溜まった乳酸を分解する作用があり疲労回復に効果がありま・・・

アドバンテームとは

アドバンテームとは、味の素社が開発した新しい甘味料で砂糖の2万倍~4万倍の甘さを持つのだとか…これだけで私は恐ろしいと感じてしまいます… アスパルテームの危険性が世界中で叩かれ続けている中、アドバンテームはアスパルテーム・・・

酸化防止剤について。ワインとかビタミンC(VC)とか

酸化防止剤とは、その名の通り食品の酸化を防ぐ目的で使われる添加物です。食品は酸素に触れると酸化し品質の劣化が起きます。 それを防ぐために酸化防止剤を加えると、添加物自身が酸化されることにより、食品の酸化を防ぐことができま・・・

増粘安定剤の話。増粘多糖類やゲル化剤、安定剤について

増粘安定剤とは 食品にとろみや粘り気をだす「増粘剤」 食品をゼリー状に固める「ゲル化剤」 液体と固体を均一に混ざった状態を作る「安定剤」※ドレッシングなど これらを総称して「増粘安定剤」と呼び、用途によって食品への表記が・・・

アナトー色素の毒性。ベニノキ抽出物から水銀検出も…

アナトー色素は、中南米原産のベニノキの種子から抽出した色素でビキシンおよびノルビキシンを主成分とし、天然の着色料として食品添加物に指定されています。 その抽出方法は、プロピレンクリコールやヘキサンそしてアセトンなどの溶剤・・・

コハク酸とは。貝・清酒のうま味成分

コハク酸とは、有機酸の一つで食品添加物に指定されており、「あさり」など貝のうま味成分としても知られています。また清酒にも40種類以上の有機酸が含まれ中でもコハク酸の含有量は乳酸・リンゴ酸と共に多くを占める。 コハク酸は食・・・

酸化チタン(二酸化チタン)の毒性とは?高い発がん性あり

酸化チタン(別名:二酸化チタン)とは、「発がん性」、「アルツハイマー」、「不妊」の原因として多くの研究者がその危険性を指摘している物質。日本では食品添加物に指定され、食品に使用する場合は着色のみ使用が認められています。※・・・

酒石酸(カリウム、ナトリウム)について

酒石酸とは、ブドウはじめレモンなど酸味のある果物に含まれる有機酸の一つで酸味と多少の苦味をもつのが特徴です。 酒石酸といえばワイン。ワインの酸味は酒石酸水素カリウムが主成分となり製造時の副産物として多くとれます。熟成した・・・

たんぱく加水分解物の安全性。劣悪な原料に発がん性の心配

たんぱく加水分解物とは、肉・魚・大豆・小麦などのタンパク質を分解して得られたアミノ酸のことで独特のコクや旨味を持つため多くの加工食品や調味料などに使われています。 食品分類上は添加物ではなく食品として扱われていますが、味・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ