ロングエッグってなんだ?コンビニ弁当のスライス卵の正体

コンビニのサラダやお弁当に入っている輪切りにされたゆで卵って、どれも形が同じで綺麗ですよね。
一体なぜあんなに均一で綺麗なスライス卵なのでしょうか?

そこで今回はコンビニのサラダやお弁当に盛られているスライス卵の正体について調べてみました。

SPONSORED LINK

ロングエッグとは

ゆで卵を作った事がある方は分かると思いますが普通、ゆで卵をスライスして行くと必ず端の部分は黄身が少なく、サイズも小さくなるはずですよね。
しかし、コンビニのサラダやお弁当に入っているスライス卵は全部同じ形・大きさをしています。

おかしいなと思ったことありませんか?

真ん中の部分だけを使い、黄身が少ない端の部分は使っていないのでは?
と、思ってしまいますよね。

しかし、実はコンビニのサラダやお弁当に入れるスライス卵は、業務用に開発された特殊な加工品だったのです。

普通のゆで卵ではなく、魚肉ソーセージの形をしていることから「ロングエッグ」と言われています。

「ロングエッグ」は、コンビニだけではなく、ファミレスやスーパー、ラーメン店などでも広く取り扱われているようです。

その為、食品工場や飲食店で働いた事がある人の間では良く知られているそうです。

ロングエッグの直径は、4.5cm、長さは20cmでその名の通り、長い形をしていますので、ちょっと驚いてしまいますよね。
なんだか不気味な食べ物のようにも思えてきます・・・。

ロングエッグは、普通のゆで卵をスライスするとどうしても均一の形や大きさにならず、サラダやお弁当、ラーメン、ピザなどのトッピングとしては商品価値が下がってしまうという問題を解決する為に開発されました。

これにより、どこから切っても同じ形、同じ大きさでゆで卵を提供出来るようになったのです。

ちなみに1枚ずつスライスされているロングエッグもあります。
より同じ大きさになる、すぐに盛り付けられると飲食店では人気があるようです。

ロングエッグは、一般向けではなく、加工業界向けの商品ですので、市販はされていません。

どこから切っても綺麗なゆで卵になるロングエッグはまるで金太郎飴ですね。
コンビニのスライス卵がなぜあんなに均一で綺麗なのかがこれで分かりましたね。

ロングエッグの製造方法

ロングエッグは鶏卵の卵白62%と卵黄38%を原料にして作られています。

この割合は、全卵中の卵白と卵黄の割合と変わりません。
ですので、人工物に見えるロングエッグですが見た目には本物のゆで卵と遜色はありません。

上記の原料を加工する前にまず前処理として、脱気させておきます。
なぜなら気泡を含んでいると加熱加工中に膨張し、卵がスポンジ状になって、見た目が悪くなるからです。

ロングエッグを製造する特殊な筒型のマシンである「ロングエッグマシン」は2重の金属チューブになっています。
卵白を固める外側のチューブ(筒)と卵黄を固める内側のチューブ(筒)です。

「ロングエッグ」は、35年以上も前から北欧を中心に作られており、エッグマシンは、1970年に製造されました。特にデンマークのSANOVO(サノボ)社製が有名です。

ロングエッグの生産は、主に海外で行われていましたので、日本でロングエッグが生産されることはなかった為、ロングエッグマシンの製造はありませんでしたが現在は、ケンコーマヨネーズ社がロングエッグを生産する為に「ボイルエッグ」というロングエッグマシンを開発・製造しています。

外側のチューブ(筒)に卵白液を充填し、加熱凝固したら内側のチューブ(筒)を引き抜いて、卵黄を充填し、再度、加熱凝固していきます。

全体を凝固させたら冷却後、チューブからボイルエッグを取り出し、真空パックします。
外側を加熱殺菌処理し、冷却後、冷蔵で保管します。

保存期間は、冷蔵であれば3~4週間、冷凍ならば2年間です。

このようにロングエッグは、卵白、卵黄を分離して作られた加工食品ですので、ご家庭で作るゆで卵とは違います。
原材料は、全卵ですので、健康に害はないのではと思いがちですがこうした加工食品には食品添加物が欠かせません。
ロングエッグにも以下の添加物が含まれています。

安全性が高いというイメージが持たれがちな加工デンプンですが加工デンプンはその名の通り、天然のデンプンに化学薬品を混ぜて加工されたデンプン(人工添加物)であることに変わりはありません。
その上、安全規制はされていないので、どれだけの量が入っているかは不明です。

体に影響を及ぼすと言われる食品添加物を長期間、摂り続ければ、アレルギーやガンなどになってしまう可能性は決してないとは言い切れません。
添加物がたっぷりと含まれたロングエッグのような加工食品の摂取は極力控えるべきではないでしょうか。

おわりに

いかがでしたか?
コンビニ、ファミレス等のスライス卵は、普通の「ゆで卵」ではなく、「ロングエッグ」という添加物たっぷりの加工食品であることがお分かりになったかと思います。

健康のことを考え、コンビニやスーパーなどでサラダを買う方は多いと思いますが実はあまり健康には良くないスライス卵がトッピングされているという事は忘れてはいけません。
時々であれば良いですが毎日、こうした添加物まみれの加工食品を食べ続けることであなたの健康は病魔に蝕まれてしまうかもしれません。

本当に健康のことを考えるのであればこうした加工食品の摂り過ぎにはくれぐれも行わないようにしましょう。

SPONSORED LINK

オススメ記事:放射能除去と防御ができる食事まとめ

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ