ショ糖脂肪酸エステルとは★安全性は?妊娠中は危険か?

ショ糖脂肪酸エステルとは、ショ糖と脂肪酸(植物油脂)がエステル結合(アルコールOHと有機酸COOHが結合したもの)。 用途によって親油性・親水性どちらも作ることが可能なので食品への利用幅は広く、用途もたくさんある。主に乳・・・

アガベシロップの害とは。健康効果などない?

syrup

アガベシロップとは、リュウゼツランの茎部分から得られるシロップで砂糖の1.5倍ほどの甘みをもつ甘味料です。 メキシコ原産でテキーラの原料としても有名です。 アガベシロップは血糖値が上がりにくい。いわゆる低GIで体への負担・・・

カビの一種、紅麹(ベニコウジ)色素とは?効果と副作用

サプリメントでも人気な紅麹(ベニコウジ)。食品添加物では赤色に着色する紅麹色素として加工食品によく使われます。 紅麹とは、カビの一種で麹菌(こうじきん)の仲間です。日本でお酒や味噌・醤油など麹菌を使い発酵食品を作るのと同・・・

ノルマルヘキサンの毒性とは?

ノルマルヘキサンとは、石油系の溶剤でガソリンに多く含まれる物質です。添加物の生成時、油(安価なサラダオイルなど)の生成時に、原料から油分を抽出する目的で使われます。※以下ヘキサン ヘキサンは人体に有害な物質です。機械など・・・

パラベンの毒性とは?パラオキシ安息香酸エステル類について

パラベンとは、石油から作られる合成保存料で殺菌作用があり食品や化粧品類の防腐効果を高める食品添加物です。 一言でパラベンといってもその種類は全部で5つあります。 パラオキシ安息香酸イソプロピル(イソプロピルパラベン) パ・・・

アセトンの毒性とは?加工助剤として食品にも使われる溶剤

マニキュアの除光液としてもお馴染みのアセトン。有機溶剤として工業的にも様々な分野で使用されます。 人体に有害で取り扱い注意な物質ですが、実は加工助剤として食品に使われるケースが多いのはご存知でしょうか。

エビ・カニ由来の色素アスタキサンチン★サプリの効果とは

エビやカニなどに含まれる赤色の色素アスタキサンチン。 エビ色素、カニ色素、オキアミ色素、ヘマトコッカス藻色素などアスタキサンチンを主成分とした着色料が複数あり、魚介加工品(練り物)や油脂製品など多く使われる天然由来の色素・・・

マリーゴールド色素

マリーゴールド色素とは、マリーゴールドの花から抽出して得られる黄色い色素のことで食品添加物として加工食品などの色付けに使用されます。 キサントフィルに分類されるカロチノイドの一種で脂溶性の色素。色の主成分はルテインで抗酸・・・

着色料にも使われるβカロテンとビタミンAの働きとその効果

βカロテン(べーたかろてん)とは、ニンジン、カボチャなどの緑黄色野菜に多く含まれる脂溶性のビタミンです。体内でビタミンAに変わるのでプロビタミンAと呼ばれる。 βカロテンはカロチノイド系の色素に分類され、オレンジ色を呈し・・・

カロチノイド(カロテノイド)色素とは?

カロチノイド(カロテノイド)色素とは、着色料のひとつで食品添加物に指定されています。その色は、赤や黄、橙(だいだい)色を呈します。 色素の元となるカロチノイドは動植物及び微生物などに含まれる色素の総称です。例えばエビ、カ・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ